天干星の強弱に影響を与える地支星(十二運) 星の種類と意味
四柱推命スクール

地支星

 十二種類の地支星とは、胎(たい)、養(よう)、長生(ちょうせい)、沐浴(もくよく)、冠帯(かんたい)、建禄(けんろく)、 帝旺(ていおう)、衰(すい)、病(びょう)、死(し)、墓(ぼ)、絶(ぜつ)である。

この地支星は日干と生年月日の十二支との組み合わせから求められ、性格を表したり天干星の運の強弱を表したりする。

下記は地支星の意味を簡単に記した。

意味:中庸運、養子、甘え、すねをかじられる

意味:中庸運、養子、色情、人を面倒を見る、自分の城を作る

長生

吉運、温和発展、長者の風、素直

沐浴

荒れる運、物事が定まらない、色情、肉親の生死別

冠帯

強運、智徳、人気、地位名誉、強気、宗教性

建禄

強運、成財、独立、頭領運、才量あり

帝旺

最強、勝ち気、浪費、頭領運、強過ぎて凶、養子、極端

弱運、消極的、控え目、内向的、淡泊、学者技術者、老成

弱運、病気、敏感、芸能、医者、看護師、ボランティア

休囚運、淡泊、一徹、短気

休囚運、理財、陰気な一面、墓守、宗教性、歴史、過去

休囚運、極盛転落、軽率、お人好し、短気、突然消え去る